目は敏感な部分! 正しいアイメイクのクレンジング方法について

  • 2018/9/11
  • 目は敏感な部分! 正しいアイメイクのクレンジング方法について はコメントを受け付けていません。
アイメイク

【この記事の監修者】
監修者1
PROFILE
kishidamさん
・コスメコンシェルジュ
・日本化粧品検定1級
・ライター5年目
・元美容部員、元広告代理店営業

もともと大手化粧品メーカー、大手サプリメントメーカーに勤務していたため、薬機法や美容・ダイエット・サプリメントなどの領域に強いです。
自分の知識で賄えない部分は論文や書籍を参考にし、専門的かつわかりやすい記事の作成を心がけております。
薬機法に基づいた監修も行なっております。

アイメイクを正しく落とせていますか?

顔の皮ふはどのパーツも敏感ですが、特に「目」は皮膚が薄く、とてもデリケートな部分です。
さらに、デリケートな部位でありながらアイシャドウやマスカラなどの落ちにくいメイクを施すパーツでもあるので、頬や鼻のクレンジングとは違ったクレンジングをする注意点があります。

ここでは、アイメイクのクレンジングのコツについて述べていきます。

アイメイクは「濃さ」で落とし方が異なる

マスカラ、アイシャドウ、アイライナー……。
美のアピールポイントでもある「目」は、ほかの部位と比べると、メイクが濃くなりがちなパーツです。
また、まばたきによる目の動きや涙など、メイクがよれやすいパーツでもあります。
それだけに、アイメイク用品は落ちにくい仕様になっていることがほとんどです。

マスカラやアイライナーをほとんど使わないという人は、ミルクタイプやクリームタイプといった、比較的刺激の弱いクレンジング剤でもアイメイクを落としきることができるでしょう。
ミルクタイプやクリームタイプは油分の量が多く、比較的マイルドな洗浄力なので肌が敏感な人にもおすすめですし、デリケートな目の周りの部分も優しく洗い落とすことができます。

しかしマスカラなどを常用する人の場合、ミルクタイプやクリームタイプではアイメイクを落としきれない場合があります。
この場合「どのようなクレンジング剤を選ぶのか」しっかり考えなければなりません。
クレンジング剤は「アイメイクを基本として選ぶ」のではなく「それ以外のパーツ(頬などの、顔の大部分を占める場所)の化粧」に合わせて選ぶのが原則です。
アイメイクを落とすためだけにオイルクレンジングなどを選ぶ必要はありません。

アイメイクはどう落とす? ポイントリムーバーのすすめ

「ファンデーションを落とすのにはミルクタイプで十分。でもアイメイクが落としきれなくて困っている」という場合は、ミルクタイプのクレンジング剤に加えてポイントリムーバーを併用するようにしましょう。

ポイントリムーバーは一般的なクレンジング剤では落としにくい目元のメイクを落とすための商品で(口紅を落とすことに特化した商品もあります)マスカラなどもきれいにオフすることができます。

目元をゴシゴシと力まかせに擦らなくても、アイメイクを落とすことができますし、ファンデーションが薄くついているだけのパーツを強いクレンジング剤で洗う必要もありません。
500~2,000円程度と比較的安価で販売されていますから、一般的なクレンジングと併用して使っていきたいものです。

アイメイクの落とし方とその手順を詳しく

優秀なポイントリムーバーも、正しい手順で使わなければ逆に目の負担となりかねません。
ここでは基本の使い方を紹介します。
使おうとしているポイントリムーバーの取扱説明書に異なる使い方の説明があった場合は、取り扱い説明書を優先しましょう。

1:ポイントリムーバーをコットンにしみこませる。コットンの裏側にまでしみる程度にまで落とすとよい
2:目を閉じて、1をまぶたに置く
3:1分間程度そのまま放置する
4:擦らないように注意しながら、ゆっくりとコットンを滑らせ、アイメイクを落としていく

ここまででやっても「まだアイライナーが残っている」「完全には落ち切っていないようだ」というケースもあるでしょう。
その場合は無理に落としきる必要はありません。
このポイントリムーバーによるアイメイククレンジングは、一般的なクレンジングの前にやるものだからです。
多少アイメイクが残っていても、頬などに使用するクレンジング剤によってアイメイクを落とすことができます。

また場合によってポイントリムーバーを染み込ませた綿棒を使用するのもおすすめです。
落ちにくいマスカラをふきとるときコットンを持つ指先に力が入るとまつ毛が抜けてしまうケースもあります。
まつ毛が抜けるのを防ぐためには、二つ折りにしたコットンでまつ毛を下から支え反対の手で綿棒を回転させながらマスカラを落とすと良いです。

なお、ここで紹介してきたのは、「マスカラ」を落とすときのものです。
マツエクを使っている人は、オイルフリーのメイク落としを使うようにしてください。
また、さらりとしたリキッドタイプのクレンジングが望ましいとされています。
これらを使うことにより、マツエクのもちもよくなります。
(※なかにはオイルインのクレンジングが使用できるマツエクもあります。詳しくはサロンの担当者へ確認しましょう)

また、アイメイクのクレンジングに限ったことではありませんが、クレンジング・洗顔後にはしっかりと保湿をしましょう。
きちんとした保湿ケアは肌トラブルを予防することができますし、エイジングケアを考えるうえでも非常に重要です。

アイメイクの落とし方、NGのやり方とは?

アイメイクを落とすときにもっとも大切なのは「ゴシゴシ擦らない」ということです。
目元は非常にデリケートな部分であるため、無理やりアイメイクを落とそうとして擦ると簡単に肌がよれてしまいます。
また強引なメイクオフはまつ毛が抜けたり、クレンジング剤が目の粘膜に付着することがあります。

シートタイプのメイク落としは、旅行などのときに重宝するアイテムです。
しかし使い方に注意が必要です。
シートタイプのメイク落としはとても強い洗浄力を持っていますが、皮脂腺が少なく皮膚が薄い目元に使用すると乾燥を招く要因にもなります。
日常使いは避けましょう。

化粧落としの選び方

・「目」は、美しさを演出するためにとても重要なパーツであるとともに、非常に敏感な部位でもあります。
・ほかの部分(頬など)に比べてメイクが濃くなる傾向にあります。
・頬に合わせた優しいクレンジング剤などではなかなかアイメイクを落としきることができない場合もあります。
・ポイントリムーバーを上手に利用すれば、肌に負担をかけずにアイメイクを上手に落とすことができます。

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. オレンジ リップ おすすめ
    2019年は、空前のオレンジリップブーム! 元気でカジュアルなイメージだったオレンジリ…
  2. イエベ 秋 メイク
    深みのある、こっくりした濃い目の色が似合うイエベ秋さん。 落ち着いた印象で、シックさと…
  3. みなさん日常の肌のケアはしっかりしてますか? 仕事をしているとなかなか美容にかける時間が持てな…
  4. ベビーパウダー メイク
    あせもやオムツかぶれの予防など、もともとは赤ちゃんのためのパウダーだった『ベビーパウダー』。…
  5. キャンメイク おすすめ
    気軽に手に入れやすいプライスに反して、クオリティの高いプチプラコスメの代表格、『キャンメイク』。 …
  6. 時短メイク
    「ヤバイ!!!寝坊した!!」 さまざまな理由があれど、誰もが人生で一度は経験するであろう”寝坊…




ページ上部へ戻る