ピーリングとクレンジングの役割の違いについて

  • 2018/8/28
  • ピーリングとクレンジングの役割の違いについて はコメントを受け付けていません

みなさん日常の肌のケアはしっかりしてますか?

みなさん日常の肌のケアはしっかりしてますか?

仕事をしているとなかなか美容にかける時間が持てなかったり、ケア方法や商品も種類がたくさんあるため何が必要で、何が自分の肌にあった効果的な方法かを調べるのは大変だと思います。
今回は、その中でも肌トラブルで代表的な「黒ずみ」、「肌荒れ」、「日焼けによるシミ」などに悩まされている方のケア方法として効果がある「ピーリング」とスキンケアとしても重要なメイク落とし効果がある「クレンジング」両方での注意点と美肌作りの方法を紹介していきます。

ピーリングとクレンジングの関係性

ピーリング・クレンジングそれぞれ役割が違うことをまずは把握しておきましょう。
クレンジングは不要な油分や肌の汚れを落とすことを目的としているスキンケア方法です。
クレンジング不足やケアをついつい忘れてしまうと、肌へダメージを与えてしまったり、毛穴の黒ずみやニキビなどの原因になってしまいます。
そしてピーリングは古い角質を取り除くのを目的としているスキンケア方法です。
今回はピーリングを中心に重要なスキンケア方法であるクレンジングとの関係性を解説していきます。
多くの人が「洗顔との違い」や「使用の頻度」等、疑問点が多いのもピーリングの特徴です。

まずピーリングとは、英語の意味でpeeling=「皮むき」。
美容の言葉に訳すと「古い角質を取り除く」という意味です。
使うタイミングの難しさや心配事も多くマイナスイメージが強い「ピーリング」ですが、使い方や知識をしっかり持つことによって、多くの方の悩みである肌トラブルをケア出来る可能性があるので、ピーリングの必要性から種類、効果、注意点など順を追って説明していきます。

ピーリングの必要性

最初にも書きましたが、様々な原因で肌のトラブルは発生します。
例えば、「ストレス」・「生活リズムの乱れ」・「食生活の偏り」・「ホルモンバランスの乱れ」などが挙げられます。
通常、健康な肌なら古くなった角質は、クレンジングと洗顔のW洗顔などによって剥がれ落ちますが、肌の不調により古い角質がそのまま肌に残ってしまい、黒ずみが現れてしまうことがあります。
そこでピーリングを使用することにより、その黒ずみを取り除いてくれる手助けをしてくれると言われています。

ピーリングの種類

ピーリングの種類は大きく分けて、自宅で自らケアするタイプかサロンなどでエステなどプロの施術を受ける2パターンです。
安全なのは、サロンでしっかりとプロの目線で肌の状態を確認してから行うのがベストですが、エステとなると料金も安価ではないため、自宅で行うことを想定として説明していきます。

まず、商品としてはピーリングジェルが一般的です。
またはふき取るシートタイプやピーリング専用のマスクなども最近よく見かけます。
ピーリングは洗顔と違い毎日使う必要がないものなので、使いやすさや肌の状態を考慮して使用するのが使用時期と言われています。
ただ気を付けたいのが、成分の種類です。

  • 「AHA」・・・aハイドロキシ酸の略で天然成分で出来ている為、肌に優しい成分。(フルーツ由来多め)
  • 「BHA」・・・bハイドロキシ酸の略で化学成分で出来ている為、刺激が強めな成分。

上記の事からピーリング自体が肌には少なくともダメージを与える可能性がある為、
自宅で行うなら、なるべく肌に優しい「AHA」のピーリング剤を選ぶのが良いと言われています。

ピーリングの効果・注意点

先ほども書きましたが、ピーリングは気を付けて使用する必要があります。
ただ肌の状態や、ピーリングに対する知識を持つことにより効果を発揮します。
ピーリングを使用するタイミングとしては、古い角質が溜まることによって起こる、「黒ずみが表れてきた時」だと言われています。
そして効果としては、「汚れや古い角質によって起こる肌のくすみ解消」「古い角栓の増加予防」などです。

ただ不安点や心配事も多いピーリングの為、正しい方法や知識を持って行わないと逆効果になる可能性があります。
よく起こるトラブルの例としては、角質を剥ぎ落しすぎてしまい起こる「肌の乾燥」。
ピーリングの使用回数が多すぎて起こる「肌の赤みや肌荒れ」。
またはニキビ肌に使ってしまい起こる「ニキビの増加や肌の出血」があります。

上記の事から、乾燥肌や敏感肌の方・ニキビが原因で困ってる方は使用を控えた方が良いでしょう。
対象者としては、オイリー肌の方など皮脂が詰まりやすい方におススメです。

週1回のピーリングケアで美肌を目指しましょう!

週1回のピーリングケアで美肌を目指しましょう!

メイクをした時には行う必要があり、不要な油分や汚れを落とす役割の「クレンジング」。
週1回を目安に使用することで十分効果を発揮してくれて、古い角質を取り除いてくれる「ピーリング」。
しっかりと役割が違うことは、お分かり頂けたでしょうか?

意外と使うタイミングが難しいピーリングですが、しっかりと自分の肌の状態を確認して使用する事により、肌のトラブルケアにつながり、いい効果が期待できます。
まずは、しっかりクレンジングと洗顔のW洗顔を自分の肌に合ったものを見つけて毎日ケアを行ってあげましょう。
その上で用途に合わせて、ピーリングで解決することが出来る肌の悩みがあれば、週1回を目安にケアを行ってあげましょう。
ただ、どちらも少なくとも肌にダメージを与える可能性があるので、ピーリングを使用する際にはクレンジングを低刺激のものにしたり、なるべく肌に負担をかけないことが重要です。

なかなか美容にかける時間を持つのは大変ですが、しっかりと時間を作ってあげて今回のように役割が異なるスキンケアの方法でケアをしてあげる事により、美肌を手にすることが出来るので、少しでも改善したいという方は、ピーリングにトライしてみるのもおススメです。

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. ワセリン
    高い保湿効果を持ち、大人はもちろん赤ちゃんまで安心して使える石油由来の天然成分、”ワセリン”…
  2. 30代 アイメイク
    バサバサのつけまつげ、派手なカラコン、描いた涙袋… そんな”足し算アイメイクメイク”は…
  3. クレンジング
    肌荒れしてるときのケアはしっかり出来ていますか? キレイな素肌づくりの第一歩は、毎日のケアで肌…
  4. ベビーパウダー メイク
    あせもやオムツかぶれの予防など、もともとは赤ちゃんのためのパウダーだった『ベビーパウダー』。…
  5. イエベ メイク
    人間の肌色のベースは、基本的にイエローベースとブルーベースの2つに分類され、さらにそれを4分…
  6. アイメイク
    【この記事の監修者】 PROFILE kishidamさん ・コスメコンシェルジュ ・日…




ページ上部へ戻る