朝洗顔でメイクノリが決まる!ぬるま湯洗顔って実際どうなの?

  • 2019/2/21
  • 朝洗顔でメイクノリが決まる!ぬるま湯洗顔って実際どうなの? はコメントを受け付けていません
洗顔

【ぬるま湯洗顔vs洗顔料】朝洗顔はどれが効果的?

肌の乾燥を防いでくれると人気の、ぬるま湯洗顔。「朝はそんなに汚れてないし、洗顔料は必要ない!」という意見がある一方で、「ニキビができやすくなる」という厳しい意見も…。結局、美肌になるためにはどの洗顔法が効果的なのでしょうか?

結論から言うと、自分の肌タイプを見極めたうえで判断するのが得策です。これが正しい、という確固としたものはないため、実際に試してみるのが一番手っ取り早いでしょう。ただ、どちらを試すにしても、正しい方法は知っておく必要があります。

〇〇な肌タイプは洗顔料を使ったほうがいい!?

人は寝ている間にも汗をかきますし、余分な皮脂も分泌されます。朝起きて汚れたままの状態でメイクをしてしまうと、ノリが悪かったり崩れたりするだけでなく、肌トラブルの原因になることも。特に、脂性肌やニキビ肌の方は、洗顔料を使って洗うことをオススメします。

保湿をしても粉をふくような乾燥肌の方は、ぬるま湯での洗顔がよいでしょう。秋冬の乾燥する時期のみ洗顔料を使わないという手もありますので、自分の肌状態をよく観察しておくことが大切!季節や体調、年齢に合わせて、随時ケアを見直していく必要があります。

 

朝洗顔と夜洗顔の違い&気をつけるポイント

朝と夜の洗顔で一番異なるのは、“メイクの有無”にあります。メイク汚れは肌に多大な負担をかけてしまうため、夜はしっかりめの洗顔が欠かせません。一方朝は、“必要なうるおいは残しつつ”優しく汚れをオフすることが大切。Tゾーンを中心に洗い上げたら、後はさっと洗い流せばOK。

「朝は洗顔料を使いたくない!でも、ぬるま湯だけでは物足りない…」という方は、ふきとり化粧水を使うのもいいでしょう。コットンにたっぷりと化粧水をしみこませ、肌の汚れと馴染ませるようにそっと拭きあげます。この際、コットンとの摩擦で肌を傷つけないように注意!

 

美肌へ導く、正しい洗顔方法をレクチャー

①手を洗う…見落としがちな手の汚れをキレイにすることで、泡立ちがよくなります

②顔全体を予備洗いする…乾いた肌のままは厳禁!一度濡らせば、洗顔料の馴染みもUP

③洗顔料をしっかりと泡立てる…ネットなどを使ってしっかりと泡立てます

④たっぷりの泡で優しく洗う…Tゾーンやあごまわりなど、オイリーな部位から優しく洗い上げます。くるくると円を描くように泡を動かしていきましょう

⑤ぬるま湯で30回ほどすすぐ…熱いお湯だと、必要以上にうるおいを奪ってしまうため注意!洗い残しのないよう、生え際まで丁寧にすすぎます

⑥押さえるように拭き取る…清潔なタオルで、ポンポンと優しく水分を拭き取ります

⑦スキンケアをしたら完了!

 

あなたは大丈夫?ぬるま湯洗顔NG行為5選

「ただぬるま湯で洗うだけでしょ?」と思うかもしれませんが、自己流でやっていると、気づかないうちにNG行為をしていた…なんてことも。そのまま放置しておくと肌トラブルの原因にもなってしまうため、今一度正しい方法をおさらいしてみましょう。

 

【ぬるま湯洗顔NG行為5選】

①お湯の温度が高すぎる

⇒適温は30℃~35℃の間くらい。脂性肌の方は、これよりもう少し高めの温度でもOK

②勢いよくバシャバシャ洗う

⇒肌を痛める危険性があるため、ぬるま湯で肌をなでるようなイメージで洗う

③手で顔をこする

⇒手が触れないレベルの丁寧さが重要。オイリーな小鼻などは、そっとマッサージするように

④2~3回ほどしか洗わない

⇒最低でも20~30回は必要。回数が少なすぎると、汚れが十分に取れない可能性あり

⑤シャワーで勢いよく洗う

⇒水温の高いシャワーをあてすぎると、油分を取りすぎて肌が乾燥してしまうことも

 

めんどくさい派は、シート洗顔がオススメ

何かとバタバタする朝は、スキンケアに割く時間も思うように確保できませんよね。中途半端に洗顔をして肌を痛めても嫌だし…。そんな方には、洗顔シートをオススメします。よくある汗拭きシートに似て、汚れをスッキリと落としてくれるアイテムです。

洗顔シートのなかには、角質ケアや保湿ケアも同時に叶う、優れものも。化粧水をカットできれば、さらなる時短に繋がりますよね。肌の弱い方用に、ノンアルコールタイプも販売されているので、自分に合ったものを見つけてみましょう♪

 

自分に合った朝洗顔で、気持ちのいいスタートを

肌トラブルを防ぐだけでなく、メイクノリをよくするためにも、何かしらのケアは必要です。まずは自分の肌タイプを見極めて、洗顔の方法を見直してみましょう。それに伴い、洗顔料のタイプにも着目すれば、美肌になるための一歩となっていくでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. メイク落とし
    【この記事の監修者】 PROFILE kishidamさん ・コスメコンシェルジュ ・日…
  2. イエベ メイク
    人間の肌色のベースは、基本的にイエローベースとブルーベースの2つに分類され、さらにそれを4分…
  3. ピーリング
    クレンジングとピーリング。詳しく説明できますか? しっかりお手入れをしているのに肌がくすむ、毛…
  4. 時短メイク
    「ヤバイ!!!寝坊した!!」 さまざまな理由があれど、誰もが人生で一度は経験するであろう”寝坊…
  5. 血糖値
    みなさんは、日ごろの食生活は気を付けていますか? 「血糖値が高い状態はあまり良くない」というこ…
  6. 葬儀 メイク
    「葬儀と通夜には、薄化粧で地味な髪型で参列する…」という漠然としたマナーは、ほとんどの方がご存知…




ページ上部へ戻る