崩れない簡単メイクテクニックで、1日中続くキレイを手に入れよう

  • 2019/2/20
  • 崩れない簡単メイクテクニックで、1日中続くキレイを手に入れよう はコメントを受け付けていません。
ブルベ 夏 メイク

崩れない メイク

メイクがうまくいってご機嫌だったのに、鏡を見たらもう崩れてドロドロ…なんて経験、ありませんか?

どんなアイテムを使っても起きる”メイク崩れ”は、ちょっとした工夫でふせげます。

明日から使える簡単なテクニックで、どんな時も崩れないキレイを手に入れましょう!

崩れないメイクテクニック・スキンケア編

崩れない メイク

メイクが崩れる原因は、皮脂と乾燥、そしてベースメイクの厚塗りの3つです。

まずは皮脂と乾燥をスキンケアでカバーして、崩れないメイクの土台をつくりましょう。

「油分で崩れそうだし、メイク前のスキンケアはさっぱり派!」なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、肌が乾燥すると逆に皮脂が過剰分泌されて、テカリの原因になってしまいます。

崩れないメイクにするには、スキンケアが一番大切と言っても過言ではないでしょう。

崩れない メイク

まずは化粧水を手かコットンにたっぷり取り、優しくパッティングしてなじませます。

バシバシ力強く叩き込んだりごしごし擦るのは、肌を痛めつける原因になるので、絶対にやめましょう!

「パッティングがめんどくさい~」なんて方は、コットンパックをしてもいいですね。

メイクのノリが良くなるのはもちろん、パックをしている間に着替えや歯磨きを済ませれば、時短にもつながりますよ。

そうしてたっぷり肌に水分をチャージしたら、次は乳液でしっかりフタをして、うるおいをギュッと閉じ込めます。

べたつきが気になるからといって乳液を使わないと、せっかく入れた水分が肌から逃げてしまうので、気になる方は軽くティッシュオフしてからメイクを始めましょう。

崩れない メイク

一緒に軽くリンパマッサージをすると、むくみが取れて顔色もよくなります。

”鎖骨→首筋→フェイスライン”の順番に流すのがポピュラーなやり方ですが、ここで気を付けてほしいのが、必ず片側ずつ行うこと!

両側いっぺんにマッサージを行うと、首の神経が過剰な反応を起こしてとっても危険なので、必ず守ってくださいね。

崩れないメイクテクニック・ベースメイク編

崩れない メイク

崩れないベースメイクのコツはずばり、薄く薄く塗っていくこと。

肌のアラを隠そうと、ファンデーションやコンシーラーを必要以上に重ねると、早く汚く崩れてしまいます。

めんどくさがって下地をつけずにファンデーションを塗ったり、大量に出して一気にカバーしようとするのも崩れやすくなる原因。

崩れない メイク

汗や皮脂で崩れやすい夏は、密着度が高いリキッドファンデ+お粉が崩れないメイクの鉄板コンビがイチオシ。

油分が多く保湿力が高いクリームファンデは、どちらかというと秋冬向きなので、極度の乾燥肌でない限りあまりオススメしません。

パウダーファンデは、崩れ方があまりキレイではないものが多いのですが、ファンデの前にお粉を薄く塗っておくとグッと崩れにくくなります。

そして、下地も肌質や悩みに合わせて選びましょう!

脂性肌の方は皮脂崩れ防止のマットな下地と相性がいいですが、乾燥肌の人は乾燥くずれや肌トラブルを引き起こすことがあるので、どうしても使いたい場合は崩れやすい部分にだけ使うのがベスト。

毛穴お悩みの方はポアプライマー(部分用下地)を使うと、ファンデーションやコンシーラーでカバーするよりメイクが崩れませんよ。

ただ、毛穴を埋めてキレイにしているので、少し落としづらいという欠点があります。

毛穴の奥に汚れが残らないように、クレンジングを念入りにして、そのあとのスキンケアも手を抜かないようにしましょう。

崩れないメイクテクニック・アイブロウ&アイシャドウ編

崩れない メイク

眉毛を描く前に、いつもよりしっかりめにお粉で眉周辺をおさえて。

パウダーは汗をぬぐう時の摩擦に弱いので、ペンシルやリキッドタイプのアイブロウを使うといいでしょう。

汗かきの方やプールや海に入る時は、アイブロウコートなどでコーティングしてしまうのも一つの手です。

眉毛が全く消えずにしっかり残りますよ!

崩れない メイク

大粒のラメやカラフルなカラーが映える季節のアイシャドウは、アイシャドウベースが必須アイテム。

モチがよくなるのはもちろん、発色もよくなって一石二鳥です。

崩れないメイクテクニック・マスカラ&アイライン編

崩れない メイク

マスカラがにじみやすいなら、汗や水に強いウォータープルーフタイプのマスカラを選びましょう。

仕上げにマスカラのトップコートをすれば、真夏でもへたらない鉄壁まつげの完成です。

ただし、クレンジングが雑だとまつげが痛んでしまうので、オフする際はポイントリムーバーでやさしく落とすことを心がけて!

崩れない メイク

アイラインも、マスカラと同じくウォータープルーフタイプを使うのがオススメです。

お湯で落ちるフィルムタイプはクレンジングが楽ですが、ポロポロと落ちてパンダ目の原因になるので、夏場にはあまり向きません。

崩れないメイクテクニック・チーク編

崩れない メイク

保湿力が高く油分の多いクリームチークやハイライトは、夏に使うと崩れやすいので、さらっとしたパウダータイプがおすすめ。

粒子が細かいと、さらに肌にピタッとフィットしてつけたての発色をキープしてくれます。

どうしてもクリームタイプを使いたい場合は、上からしっかりお粉で押さえましょう。

暑いと顔がほてってしまう方は、発色が良すぎるチークを使うと”おてもやん”になってしまうので要注意です!

崩れないメイクテクニック・リップ編

https://www.photo-ac.com/main/detail/1361181?title=%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AE%E8%89%B2%E6%AF%94%E8%BC%83%E3%80%80%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF%E7%B3%BB%E3%81%A8%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

こまめに飲み物を飲んでいると、リップが落ちやすいですよね。

そんな時は、ティントタイプのリップがおすすめ!発色も色持ちもいいので、塗り直す手間も省けます。

ただし、SPFの入ったリップクリームなどをリップ下地にして、唇のUVケアも忘れないで。

唇が日焼けすると、色素沈着してくすんでしまったり、シミができてしまいます!

いかがでしたか?

崩れない メイク

使い方をほんのちょっと変えるだけで、”崩れないメイク”の完成です。

明日からさっそく実践して、いつでもキレイなあなたでいてくださいね♡

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. キャンメイク おすすめ
    気軽に手に入れやすいプライスに反して、クオリティの高いプチプラコスメの代表格、『キャンメイク』。 …
  2. 健康
    あなたの血圧の数値はどの位ですか? 血管の老化によって引き起こされるという動脈硬化。老化が原因…
  3. 中性脂肪
    みなさんは日ごろ、運動や食生活をきちんと心がけていますか? 美味しいものを好きなだけ食べている…
  4. 厳しい寒さもやわらいで、ファッションも春の装いへシフトチェンジ。 お気に入りの春物をゲ…
  5. 30代 アイメイク
    バサバサのつけまつげ、派手なカラコン、描いた涙袋… そんな”足し算アイメイクメイク”は…
  6. 洗顔料
    洗顔やクレンジングを意識してますか? スキンケア商品は種類がたくさんあり、性別・肌質・肌の状態…




ページ上部へ戻る