正しいハイライトの入れ方って?5秒で小顔&透明感を手に入れるテクニックを徹底解説!

  • 2019/2/15
  • 正しいハイライトの入れ方って?5秒で小顔&透明感を手に入れるテクニックを徹底解説! はコメントを受け付けていません。
大人 透明感 メイク

ハイライト 入れ方
メイクで立体感や透明感を出すために使う”ハイライト”
くすみや肌トラブルを光で飛ばして、目立たなくしてくれるパワーも持つアイテムです。

でも、「とりあえず買ってみたけど、うまく使いこなせない!」なんてお悩みを抱える方もいるのではないでしょうか?

実はハイライトって、使い方次第で印象を大きく変えられる魔法のコスメなんです。

今回は、ハイライトマニアの私が【誰でもカンタンにマネできるハイライトの正しい入れ方】をレクチャーします!

種類別ハイライトの特徴・入れ方

ハイライト 入れ方

・パウダーハイライト

サラサラとした粉状で、ブラシでつけることが多いパウダーハイライト。

様々なブランドから発売されているので手に入れやすい上に、肌にのせる量を調節しやすいので、ハイライト初心者の方にもオススメです。

メイク直しの際に正しい入れ方でササっと足せば、お疲れ顔が一瞬でリセットできるのも魅力です。

ただ、パールやラメが大きいハイライトは、小さいブラシでのせると悪目立ちしがち…。

大き目のブラシで、ふんわり少しずつ重ねていくと失敗が少ないですよ!

ハイライト 入れ方

。クリームハイライト

しっとりとしたクリーム状で、指でつけることが多いクリームハイライト。

パウダーハイライトと違い保湿効果が高いものが多いので、乾燥肌の方にオススメです。

一般的にお粉やパウダーファンデーションの前(下地やリキッドファンデの後)に使うので、内側からあふれるような上品なツヤが手に入ります。

パウダーハイライトに比べてちょっぴりヨレやすいので、つける量は少量でOK!

せっかくのベースメイクが台無しにならないためにも、指で勢いよく伸ばすのは厳禁。やさしくポンポンつけてくださいね。

丸顔さん向けのハイライトの入れ方

ハイライト 入れ方

女性らしくてかわいらしい印象の丸顔さん。

そんな丸顔さんのハイライトの入れ方ポイントはずばり、「横に広げすぎないこと」!

おでこの入れ方:生え際の部分にせまめに入れることで、つるんとした赤ちゃんのようなおでこに。

鼻の入れ方:眉間から鼻筋をそっとなぞる。この時に小鼻をくるくるとブラシでやさしく撫でると、外国人モデルのような鼻先に!

頬の入れ方:目尻から外側のラインにハイライトをいれると、横幅が大きく見えてしまうので注意です。

あごの入れ方:顎先にのせれば、横顔がより美しく見えますよ。あごが短い人は、裏あごまで入れてしまってもOK。

面長さん向けのハイライトの入れ方

ハイライト 入れ方

シャープで美人な印象の面長さん。

そんな面長さんのハイライトの入れ方ポイントは…「横長にいれてタテ幅縮小」!

おでこの入れ方:おでこが狭くない限り、眉上の部分に横長に入れて。こめかみ部分まで入れると若見えしますよ。

鼻の入れ方:眉間から鼻筋をそっとなぞる。小鼻の先まで入れると鼻先が長く見えるので、気になる方は鼻筋だけでOKです。

頬の入れ方:目の下からもみあげまで、思い切って横長に入れてみて。頬がコケてるなら、くぼんでいる部分にもハイライトをオン!

あごの入れ方:唇のすぐ下入れるのがポイント。顎先に入れると、顔のタテ幅が強調される可能性があるので避けましょう。

番外編!ハイライトの入れ方を応用してみよう

顔の形別にハイライトの基本的な入れ方を説明しましたが、いかがでしたか?

実は、ハイライトは他にも色んな使い方ができるんです。

ハイライト 入れ方

急いでるときに限って、眉毛をいつもより濃く描いてしまった!

そんなときに眉用ブラシ(なければ指でもOK)でハイライトを少量取って、眉毛にのせれば修正完了。

たった10秒で、柔らかい印象のふわふわ眉毛にシフトチェンジできますよ。

ハイライト 入れ方

ぷっくりした唇に憧れているなら、上下の唇の真ん中にハイライトをオン!

透明感が増す上に、立体的なぷっくりリップになれるテクニックです。

ハイライトの入れ方をマスターして美人度アップ

ハイライト 入れ方

うまく使いこなせば、年齢や顔立ちも関係なく”キレイ”をまとえるのがハイライトの魅力。

ハイライトの正しい入れ方をマスターすれば、美人度は格段にアップすると言っても過言ではありません。

あなたも明日からぜひ、チャレンジしてみてくださいね!

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. イニスフリー
    韓国で世代を問わず愛されるコスメブランド、『innisfree(イニスフリー)』をご存知です…
  2. 時短メイク
    「ヤバイ!!!寝坊した!!」 さまざまな理由があれど、誰もが人生で一度は経験するであろう”寝坊…
  3. 大人 透明感 メイク
    メイクで立体感や透明感を出すために使う”ハイライト” くすみや肌トラブルを光で飛ばして、目立た…
  4. ブルベ 夏 メイク
    透き通るように白い肌、今にも消えてしまいそうな儚さ…そんな透明感のある女性は、男女問わず惹か…
  5. ベビーパウダー メイク
    あせもやオムツかぶれの予防など、もともとは赤ちゃんのためのパウダーだった『ベビーパウダー』。…
  6. ピーリング
    クレンジングとピーリング。詳しく説明できますか? しっかりお手入れをしているのに肌がくすむ、毛…




ページ上部へ戻る