30代のアイメイクは”引き算”がカギ!アイテム別・裏技テクニック

  • 2019/2/21
  • 30代のアイメイクは”引き算”がカギ!アイテム別・裏技テクニック はコメントを受け付けていません。
30代 アイメイク

30代 アイメイク

バサバサのつけまつげ、派手なカラコン、描いた涙袋…

そんな”足し算アイメイクメイク”は、30代女性の美しさを台無しにしてしまっているかもしれません。

大人になった今だから似合う”引き算アイメイク”で、上品さとキレイを兼ね備えた美人を目指しましょう!

30代のアイメイク・アイシャドウ編

30代 アイメイク

30代からのアイメイクは、まぶたのくすみや子ジワを飛ばす”ツヤ感”がカギになってきます。

マットなアイシャドウだけを使うと、二重がクッキリしてデカ目効果も抜群ですが…目元が乾燥しているように見えて、老けて見える場合もあります。

特に、「最近まぶたがくぼんできた」と感じる方は要注意!

まずはアイホールにパールの入った薄いベージュやゴールドを仕込んで、まぶたのくすみ・くぼみを光で飛ばしてしまいましょう。

その上からマットのアイシャドウを二重幅に入れれば、30代にピッタリなツヤ感とデカ目効果を両立したアイメイクの完成です。

30代 アイメイク

次に紹介するのは、オトナの大粒ラメの使い方。

キラキラのラメがたくさん入ったアイシャドウは、見ているだけでうっとりするほどカワイイですよね。

でも、30代の女性が涙袋にガッツリ入れたり、上まぶたの広範囲に入れてしまうと、ラメだけが悪目立ちしてしまう可能性が…

30代 アイメイク

そんな時は、アイメイクの仕上げとして、上まぶたの中央に指でポンポンと置いてみましょう!

ハイライト効果で目に立体感がでるのはもちろん、瞳がキラキラ輝いて、顔全体がぱっと明るく見えますよ。

伏し目がちの時にもラメが上品に光るので、どこから見ても美人に見える内緒のテクニックです。

30代 アイメイク

やっぱり涙袋があると目が大きく見える上に、幼い印象になってかわいいもの。

ピンクや白のアイシャドウで涙袋をなぞって強調するのは、手っ取り早く涙袋をぷっくり見せられるテクニックですが、30代の女性にはあまりオススメできません。

30代 メイク

オトナ美人を目指すなら、シャンパンベージュやオレンジベージュ系のアイシャドウで、さりげなく涙袋をアピールしましょう。

ベージュやオレンジは膨張色なので、ナチュラルに目も大きく見えて一石二鳥です。

30代のアイメイク・アイライン編

30代 アイメイク

30代の女性には、ブラックのリキッドアイライナーよりも、優しいブラウンのアイライナーがオススメ。

黒々としたアイラインもインパクトがあってステキですが、ブラウンのアイラインの方がナチュラルで、接近戦にも強いからです。

では、リキッドアイライナーかペンシルアイライナー、どちらが30代のアイメイクに向いているのでしょうか?

30代 アイメイク

細いラインも楽々描けるリキッドタイプは、目尻のアイラインをちょっと長めに引いてもわざとらしくありません。

慣れている人であれば、一気にアイラインを引くこともできるので時短につながります。

柔らかくて肌馴染みがいいペンシルタイプを黒目の下の粘膜に引けば、カラコンなしでも黒目がちな瞳を演出できます。

はみ出しても綿棒などでやさしく擦ればすぐに直せるので、アイライン初心者の方にはペンシルアイライナーが向いているかもしれませんね。

30代のアイメイク・マスカラ編

30代 アイメイク

30代女性のまつげメイクを、今回は3パターンに分けてみました。

・まつげエクステ派

30代 アイメイク

メイク時間が短縮できる上に、スッピンでも目がパッチリして見える”まつエク”。

つけたてはキレイですが、だんだんまばらになっていくことやオイルクレンジングが使えないこと、ずっと続けているとまつげが弱って抜けてしまう、などのデメリットも存在します。

エクステをつけるグルーが合わないと、まぶたが荒れてしまうなどの肌トラブルもまれに起こるので、敏感肌の方は注意してくださいね。

・自まつげ派

30代 アイメイク

自分のまつげにマスカラを塗って長さやボリュームを出すので、一番ナチュラルな印象です。

マスカラの種類も多く、中には数本使い分けて理想のまつげを作り上げる…なんてこだわり派の方もいらっしゃいますね。

一番まつげへの負担が少なく思えますが、無理な力でビューラーをしたり、まつげパーマを頻繁にかけているともちろんまつげは痛みます。

無理なクレンジングも抜け毛の原因になるので、自まつげの方はよりクレンジングを丁寧に行った方がいいでしょう。

・つけまつげ派

30代 アイメイク

イメージがあったつけまつげですが、今では自まつげのようなナチュラルなタイプもたくさんあります。

「自まつげにマスカラを塗るのがめんどくさい」

「まつエクは高いし手入れが大変そう」

そんなめんどくさがり屋の女性や、休みの日だけばっちりメイクしたい!なんて方にはオススメです。

ただ、つけまつげを外す際に乱暴にすると、自まつげまで一緒に抜けてしまうこともあるので注意してくださいね。

どんなまつげメイクにもメリット・デメリットがあるので、まつげメイクは自分に合ったものを選ぶのがベストです。

30代のアイメイク・まとめ編

30代 アイメイク

  • パール系のアイシャドウをベースに仕込んで、まぶたのくすみ・くぼみをカバー
  • 30代の涙袋は、ベージュorオレンジでナチュラルに仕上げる
  • 大粒のラメは上まぶたの中央にポンポンして、美人度アップ!
  • オトナのアイラインは、ブラウンで温かみを感じさせて
  • リキッドアイライナーはくっきり上級者向き、ペンシルアイライナーはふんわりで初心者も安心
  • メンテナンスとお金を惜しまないなら、まつげエクステですっぴんもOK
  • ナチュラルにパッチリさせたいなら、自まつげにビューラー+マスカラ
  • めんどくさがりやの30代は、自然なつけまつげを選んで

関連記事

コメントは利用できません。

美活ネット記事一覧




おすすめ記事

  1. 洗顔料
    洗顔やクレンジングを意識してますか? スキンケア商品は種類がたくさんあり、性別・肌質・肌の状態…
  2. ワセリン
    高い保湿効果を持ち、大人はもちろん赤ちゃんまで安心して使える石油由来の天然成分、”ワセリン”…
  3. イエベ メイク
    人間の肌色のベースは、基本的にイエローベースとブルーベースの2つに分類され、さらにそれを4分…
  4. 葬儀 メイク
    「葬儀と通夜には、薄化粧で地味な髪型で参列する…」という漠然としたマナーは、ほとんどの方がご存知…
  5. 毛穴
    【この記事の監修者】 PROFILE kishidamさん ・コスメコンシェルジュ ・日…
  6. 敏感肌
    みなさんの肌はデリケート肌ですか? 刺激を感じやすい敏感肌の方にとって、クレンジング選びは難し…




ページ上部へ戻る